薄毛治療をしたいけれど治療法や費用を考えると一歩踏み出せないあなたへ

当サイトにお越し頂きましてありがとうございます!

あなたは今、薄毛に相当悩んでいることと思います。

そして、

  • 20代から徐々に髪が抜けはじめて、30代になったら鏡を見るのも嫌になった
  • 髪に良いと言われる生活習慣は出来る限りやってきたつもりだ
  • 育毛剤を何種類も使ってきたけど期待したような効果が出ていない

このように、もはや自分では解決の糸口さえ見つからない状態のため、

プロの意見を聞いて本気で薄毛治療に取り組みたい!

そうは思っているものの、

薄毛治療にはどんな方法があって、どのくらいの費用がかかるものなのか

といった点がクリアになっていないため、中々前に進めずにいらっしゃることと思います。

そんなあなたのために、当サイトでは薄毛治療の方法と費用を徹底解説しています。

全ての方が同じ治療で薄毛が改善するとは限りませんので、後悔しない病院を選ぶためにも、ぜひ当サイトを活用して下さい。

薄毛治療の基本4パターンと費用をまず押さえよう!

薄毛治療は、大きく分けて以下の4つの方法に分けることができます。

  • 飲み薬(内服薬)
  • 塗り薬(外用薬)
  • 注射
  • 植毛

この4つの治療方法から、処方される薬、治療方法や術式、

そして、あなたの薄毛の状態や治療する所によって費用が異なってきます。

おおよその目安を掴んでもらうために、

まずは以下の写真程度の薄毛レベルにある方を例とした場合に、各治療法で具体的にどれくらい費用がかかるかについて表に整理してみました。

【モデル例:30代男性 前頭部からM字に進行した薄毛】

薄毛男性の頭

【上記患者が各治療をした場合の1ヶ月又は1回あたりの費用例】

飲み薬(内服薬) 塗り薬(外用薬)
フィナステリド(プロペシア) ザガーロ ミノキシジル(ロゲイン) パントスチン(女性向け)
6,000円前後 1万円前後 6,000円前後 1万~1万2,000円
注射 植毛
メソセラピー HARG療法 自毛植毛 人工植毛
5万~8万円 100万~120万円 100万円前後 70万円前後

以上が各治療法と費用の目安となります。

この中で、塗り薬(外用薬)は単体で処方される所は少なく、飲み薬と併用して処方されるのが一般的です。

また、植毛の場合は1回で完結する手術となりますが、薄毛の度合いによって費用の幅が大きくなっています。

そして、植毛を除いた治療法では、薄毛改善したと実感する期間が個人差はありますが、平均6ヶ月と言われています。

では次に、この6ヶ月にかかる費用を

飲み薬、飲み薬+塗り薬、注射、植毛

この4つに分類して、初診料・再診料、血液検査などの諸費用も含めていくら位になるのかも、整理してみます・

【各治療法で6ヶ月間(半年)にかかる費用の目安】

飲み薬 飲み薬+塗り薬 注射 植毛
約10万~12万円 約20万~25万円 約35万~120万円 約70万円~100万円

あくまでざっくりとした金額になりますが、各薄毛治療にかかる費用はこれくらいの範囲内に収まるイメージです。

基本的には金額に比例して、薄毛改善の精度も高くなると考えて頂いて結構です。

どこで薄毛治療を受けるべき?

薄毛治療とはどんな種類があって、それぞれ費用はおおよそどの程度かかるのかについてはイメージして頂けたと思います。

では、この薄毛治療をあなたはどこで受ければいいでしょうか?

薄毛治療を行っている所にも大きく4つに分けることができます。

  • 皮膚科(医院・クリニック)
  • 総合病院(皮膚科・美容外科)
  • 美容外科クリニック
  • AGA治療専門の病院・クリニック

薄毛治療の最も基本となる飲み薬(内服薬)の処方は、上記いずれの場所でも行っています。

その上で、それぞれのメリット・デメリットを考えていきましょう。

皮膚科(医院・クリニック)で薄毛治療をするメリット・デメリット

肌荒れ、ニキビや水虫など皮膚疾患で受診するイメージが一般的な皮膚科ですが、

薄毛も頭皮疾患に分類されるため、医院・クリニックと名のつく皮膚科では薄毛治療を行っています。

こうした皮膚科医院やクリニックで治療するメリットは価格の安さです。

保険がきかない自由診療なのは他の3つと同じですが、飲み薬(内服薬)の処方が基本となるため費用は押さえることができます。

ただし、あくまで薄毛治療は皮膚疾患の一治療としてに過ぎませんから、薬を処方して経過観察が基本。

それで薄毛が改善されれば御の字ですが、

改善が見られない場合は、それ以上積極的な治療を行わない

というスタンスであることは覚えておきましょう。

総合病院で薄毛治療をするメリット・デメリット

市内の総合病院などの皮膚科・美容外科でも薄毛治療を行っている所もあります。

基本的なメリット・デメリットは皮膚科医院やクリニックと同じですが、圧倒的に治療を行っている病院数が少ないという点があります。

また、

希望の日に予約が取りにくい

予約はしてても当日の受診は待たされる

といった時間的制約があるのも総合病院のデメリットです。

美容外科クリニックで薄毛治療をするメリット・デメリット

皮膚科のような疾患治療ではなく、美容目的の医療処置を行うのが美容外科。

ほとんどの美容外科クリニックは男性に限らず女性の薄毛治療も行われているのが特長です。

処方も飲み薬だけでなく、塗り薬、注射、植毛まで、薄毛レベルや予算に合わせた治療法が選択できます。

ただし、脂肪吸引、アンチエイジング、整形、豊胸手術といった女性向けの診療科目が多いため、男性の薄毛治療には注力していない所が多いです。

その分、価格設定は専門病院に比べるとやや安めに設定している所が多いのが美容外科の特徴です。

AGA治療専門の病院・クリニックで薄毛治療をするメリット・デメリット

薄毛治療のみを診療科目として扱い、薄毛治療全般を扱っているのがAGA専門病院またはAGAクリニックです。

言うまでもなく、薄毛専門の医者が治療を行いますので、他3つに比べれば薄毛改善の効果は圧倒的に高いと言えます。

ただその分、薄毛治療だけなので費用は他に比べてやや高め。

さらに病院・クリニックによってオリジナルの治療法があるため、治療法や費用が比較しにくいのがデメリットになります。

 

このように薄毛治療も受ける場所によってメリット・デメリットがある事がお分かり頂けたと思いますが、

本気で薄毛に悩んでいて、本当に何とかしたいと考えるのであれば、

AGA治療専門の病院・クリニック

費用対効果を考えても、これ以外の選択肢はないと言っても過言ではありません。

ただ、先程申し上げたように、病院ごとに独自の治療法を設けているだけに比較がしにくいという点があります。

また、あなたの薄毛レベルによっても効果のある治療法も異なります。

そのため、どの病院で治療を受けたらいいかわからなくて、なかなか一歩が踏み出せないという方が多いです。

また、もっと悲劇なのは、

  • 実際に治療をはじまったら自分が思っていたのと全く違った
  • 高額な医療ローンを組まされた
  • 自分の不安をいい事に次から次へと新しい治療法を勧められた

このような状況になってしまう方も決して少なくありません。

確かに病院やクリニックの対応が問題となっているケースもゼロではありませんが、

しっかり病院を比較できなかった当人にも問題がある事は間違いありません。

そのため、薄毛の悩みも改善できず、後悔だけが残らないようにするためには、

無料カウンセリング

を活用することが後悔しない病院を選ぶ重要なポイントとなります。

AGA治療の専門病院やクリニックには、必ずといっていいほど無料カウンセリングというものがあります。

仮に無料カウンセリングがない所は、最初から候補の対象外として頂いて結構です。

つまり、病院側も治療方法や費用が複雑なのは理解していて、

「ウチで治療するか他の病院と比較してじっくり決めてくださいよ」

というのが、どこも基本スタンスなんですね。

こう考えれば、何も1つの病院に最初から決めなくとも、

複数の病院やクリニックの無料カウンセリングを受けてから決めてもいい

わけです。

複数のカウンセリングを受けるなんて面倒だと今思ったでしょうか?

もし面倒だと思ってやらなかったら、残念ながら後悔してしまったという人と同じ結果になってしまうでしょう。

しかし、少なくとも当サイトにわざわざお越し頂いたあなたには、そうなって欲しくはありません。

そこで、出来るだけ効率的に複数の無料カウンセリングを行うための方法として、

数あるAGA専門の病院・クリニックの中から、治療実績と費用面を基準として5つまで絞り込みました。

その5つの病院を以下で紹介しますので、

この中から3つの病院を選んで無料カウンセリングを受けて下さい。

ここで大事なのは、できるだけ1日で全ての無料カウンセリングを受けるように予約をすること。

なぜなら、同じ日に行ったほうが余計な考えや情報に左右されることなく、純粋に比較することができます。

まずは無料カウンセリングを通じて、あなたがやるべき治療法を見つけるための病院探しからはじめていきましょう!

当サイト厳選!薄毛治療のAGA治療の専門病院・クリニック

 ヘアメディカル

ヘアメディカル

症例数 国内No.1、国内初の薄毛治療専門クリニックとして名高いヘアメディカル。

治療方法は内外薬のみですが600パターン以上のオリジナル処方が強みです。

薄毛治療にかかる費用も上限が3万2,000円と決まっているのでどれだけ費用がかかるのかビクビクする必要もありません!

投薬治療のみという敷居の低さと定額料金、オリジナル処方パターンの多さからまずは紹介しておきたい病院です。

 AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

内外薬・メソセラピー・植毛とあらゆる薄毛治療が可能なAGAスキンクリニック。

全国各地に40クリニックが展開されているので通いやすいのも大きなポイントです。

発毛実感率が99%を超えるものすごい実績があるクリニックです。

 ヘアジニアス

ヘアジニアス

内外薬と同時に頭皮ケアも行ってくれるヘアジニアスはなんと治療費全額保証制度のあるクリニックです。

たったの4ヶ月で99%以上が発毛を実感しているという実績があるので、とにかく短期間での発毛を狙うならヘアジニアスがおすすめ。

一人ひとりの頭皮や髪の状態に合わせたオーダーメイド処方が基本治療となっているため、自動的に最適な治療法ができるのが魅力。

ただし、その代わり自分で治療法を選択する自由度は低いため、ここでは第3位としました。

 ルネッサンスクリニック

ルネッサンス_悩み系

湘南美容外科プロデュースのAGAクリニックという事もあって全国28医院で展開と、

AGAスキンクリニック同様に主要都市部でしっかり網羅しているのがルネッサンスクリニックの強み。

また、美容外科プロデュースという事もあって女性の薄毛治療にも確かな実績があるのも特長の1つです。

治療法も内外薬に加えて、メソセラピーや植毛までオールカバーしているので、薄毛の状態や目的に合わせて相談できます!

ただし、治療内容が細かすぎるため、何が自分にとって最適な方法なのかがわからなくなるという点もあるため、ここでは第4位として紹介しました。

 自毛植毛・薄毛解決なら【アイランドタワークリニック】

アイランドタワークリニック

上記4つの病院とは異なり、自毛植毛専門のクリニックのため、ここでは第5位にしたアイランドタワークリニック。

ただし、あなたが植毛も検討しているのであれば、絶対に無料カウンセリングを受けるべきクリニックとして推奨します。

東京(新宿)、大阪、名古屋、福岡の4院だけですが、地方住まいでも施術を受ける方であれば、

交通費全額返還や基本治療費が無料になる等のキャンペーンが組まれているので遠方でも全く問題ありません。

飲み薬(内服薬)の薄毛治療について

飲み薬(内服薬)

AGA治療の専門病院やクリニックで行われる薄毛治療は、飲み薬(内服薬)、塗り薬(外用薬)、注射、植毛の4つの方法に分けられ、

さらに各治療法ごと、薬や術式の違いがあることをお話しました。

ここでは、その違いについて、1つずつ詳しく解説していきましょう。

まずは、薄毛治療の最も基本的となるが飲み薬(内服薬)です。

日本で認められている発毛治療の内服薬は現在ではフィナステリド錠、プロペシア錠、ザガーロの3つになります。

フィナステリドが主成分の飲み薬

日本ではファイザー社から販売されているフィナステリド錠とMDS社から販売されているプロペシア錠が処方されています。

有効成分は同じで、薄毛の原因とされているジヒドロテストステロン(DHT)という物質を作る、Ⅱ型5αリダクターゼを阻害する働きをしてくれます。

日本皮膚科学会が2010年に発表した男性型脱毛症診療ガイドラインでは、

国内の臨床試験では、モニターの58%に頭頂部の薄毛改善効果が認めれ、さらに継続により効果が増すことも確認されています。

ただし、モニターの数%にEDをはじめとした性機能障害が見られたこと、成分的に肝機能障害といった副作用が起こる可能性がある事もわかっています。

また、胎児に影響を与えることから妊娠中(可能性のある人も含め)、授乳中の女性への投与は禁じられている薬のため、病院では女性には処方されていません。

新薬で注目されているザガーロ

フィナステリドに代わる薬として2016年6月13日にグラクソ・スミククライン社から発売された新薬。

ザガーロは5αリダクターゼのⅡ型だけでなくⅠ型にも作用するという特長を持ち、国際共同試験の結果、フィナステリドよりも高い発毛効果が確認されました。

副作用に関してはフィナステリドと同じなものの、性機能障害は少ない結果も出ていることから、正にフィナステリドに取って代わる薄毛治療薬として注目されています。

飲み薬だけでは、効果が出るのが遅い!?

発毛効果については間違いのないフィナステリド(プロペシア)やザガーロですが、効果の出るスピードについては、比較的ゆっくりになります。

はっきりとした効果が確認できるまで6ヶ月は必要と言われ、中には、少なくとも1年間は継続して服用する必要があると言う海外の研究者もいます。

ただし、これはあくまで飲み薬だけを使った場合の結果になります。

AGA治療専門の病院やクリニックでは、飲み薬に加えて、以下で説明する塗り薬との併用が基本となっているため、上記ほど効果出るスピードが遅いという事はありません。

※注 効果が見られる期間には、薄毛のレベル(進行度)や個人差によって異なります。

塗り薬(外用薬)はミノキシジルが主成分!

塗り薬(外用薬)

次に塗り薬(外用薬)ですが、この育毛剤の主成分となるのは、発毛効果が認められているミノキシジルという成分になります。

このミノキシジルを主成分とする医薬品はロゲインという商品がありますが、日本では認可されていません。

唯一、日本で医薬品として販売されているのは一般大衆薬の「リアップ」だけとなります。

そのため、AGA治療専門の病院やクリニックで処方される外用薬は、病院ごとにミノキシジルに加えてアミノ酸やビタミン等を独自に配合したオリジナル薬となっています。

ミノキシジルにも副作用があるの?

ミノキシジルという成分も、フィナステリド同様に副作用の事例がある事が確認されています。

具体的には、発毛以外の多毛症、ニキビ・肌荒れ、肝機能障害といった症例になります。

ただ、一部のメディアで言われているような重篤な副作用の可能性は低く、

男性型脱毛症診療ガイドラインに記載されている臨床試験でも、副作用はほぼ生じなかったという結果となっています。

むしろ、こうした副作用の危険性が見られるのは、ミノキシジルの内服薬になります。

日本では未認可薬であるロテニンンやミノキシジルタブレットを個人輸入で入手し、

ミノキシジル内服薬を自己判断で服用して副作用を発症させるケースが多くなっていることで、ミノキシジルは強い副作用があると言うイメージが先行してしまっています。

一部のAGA治療専門の病院やクリニックでは、ミノキシジルが配合されているオリジナル内服薬を処方される場合もありますが、

あくまで副作用を考慮した上で医師の監修の元、処方されているという事を覚えておきましょう。

注射の薄毛治療【種類と違いを徹底解説!】

注射

このようにAGA治療専門の病院やクリニックでの薄毛治療は、上記の飲み薬+塗り薬のセットを基本治療とする所が最も多くなっています。

ただ、こうした基本治療だけでは、薄毛の状態によって改善するまで数年単位で時間がかかってしまうという問題も出てきます。

そのため、上記治療法に加えて、直接頭皮に発毛にはたらきかける成分を注入する注射療法も併用して行っている所、あるいは注射療法専門で行っている病院もあります。

この注射療法は病院ごとにオリジナル性が高いため、詳しい説明を聞かないとわかりにくいというデメリットがありますが、

主に3つの治療法がありますので、それぞれの特長を解説していきましょう。

メソセラピー

髪に有効とされる以下の成分を直接頭皮に注入する注射療法です。

  • 外用薬で使用されるミノキシジル
  • 幹細胞由来の成長因子
  • 発毛促進に有効なアミノ酸、タンパク質やビタミン類

これによって、毛根や毛髪に直接作用し、より短期間に効果が期待できるとされています。

また、注射といっても、ダーマローラーといった細い針で目に見えないほどの穴を開けて成分を浸透させたり、

レーザーや超音波といった針を使用しない方法もあり、痛みや腫れのリスクが少ない療法も最近では多くなってきています。

HARG療法

メソセラピーは、あくまで人工的な成分を頭皮に注入して発毛を促す形であるのに対し、

HARG療法は、人間の体内にある幹細胞から髪に必要な成長因子を含むAAPEタンパクを薄毛が進行した頭皮に注入することによって、

発毛機能本来の働きを再生させる治療法になります。

その他にも、

  • 無痛であること
  • 99%の発毛率が認められるていること
  • 円形脱毛症にも効果がある
  • 女性でも治療可能
  • 副作用やアレルギーがない

こうした特長がありますが、他の薄毛治療と最も違うのが、

治療が終了した後も発毛が続く

といった根本的な薄毛の解決ができる治療と言われています。

しかし、使用する薬剤や専用機械のコストがかかるため、治療費が他に比べると高くなってしまうのは事実。

そのため、薄毛治療の最終手段としての位置づけとなっている注射療法となっています。

植毛手術【人工植毛と自毛植毛の違い】

植毛

上記3つの治療法と異なり、髪の毛自体を薄毛部分に移植する方法が植毛です。

この植毛には、髪とよく似た繊維を頭皮に植え込んでいく人工植毛と自分の髪を細胞ごと移植する自毛植毛があります。

費用的には人工植毛の方が安いですが、どのような違いがあるかについて、詳しく解説していきましょう。

人工植毛とは

水に強いポリエステルやナイロンなどの化学繊維を加工してできた毛を植えていく施術法です。

1回の手術で効果が現れるため、完璧な薄毛治療法に思われがちですが、

基本的に異物を植えることと同じですから、抜けやすくく、感染症も起こりやすいと言われています。

そのため、髪を維持するためには、年に数回のペースで植毛しなければいけません。

またひどい場合だと、もともとあった毛まで抜け落ちてしまうケースがあるため、アメリカでは法律で禁止されています。

自毛植毛とは

一方、日本でも一般的となっている植毛法が自毛植毛です。

AGAの影響を受けにくいとされている後頭部の毛髪を細胞ごと、抜け落ちてしまっている部分に移植する方法です。

自分の細胞なので拒絶反応はありませんし、自発的に発毛をしていきますから手術は一回で完了します。

ただし、薄毛がかなり進行した状態になると、移植範囲も広くなることから手術費用が400万円ほどになるケースもあります。

また、皮膚の状態によっては生着率が悪くて失敗する可能性もゼロではなく、術式によっては傷跡が一生残るというリスクもあることを覚えておきましょう。

自分に合った薄毛治療を見つけていくために

このように薄毛治療といっても、細かく見ていくと実に様々あることがお分かり頂けたと思います。

さらに、同じ治療法でも受ける病院によって配合される成分や術式も異なってきます。

こうした治療法のわかりにくさが、AGA治療専門の病院やクリニックで治療したいけれど、中々その一歩が踏み出せない理由の1つでもあるのです。

事実、2015年にファイザー社が行った意識調査では、こうした薄毛治療専門の病院で治療を受けたことがある、

あるいは現在治療中だと言う人の割合が、全体のわずか3%程度という結果のデータが発表されました。

あくまで無作為のデータなので、実際にはもう少し多いでしょうが、少ないと言わざるを得ませんよね。

ただ、それよりも注目すべきなのは、これから取り組みたい薄毛対策として、薄毛治療専門の病院と回答した人が約20%もいたという事実なのです。

これだか多くの人達が興味を持っているのに、中々その一歩が踏み出せないのは、やはり、治療の複雑さや漠然と費用が高いというイメージが先行してしまっているからでしょう。

でも、もう一度、あなたがどうして薄毛治療をしたいと思ったか考えてみてください。

ここまで自分でできる薄毛対策は考えられる限り試してきた!・・・けど効果がでなかった

だから、「後はもう専門家の力を借りるしか方法がない」という切羽詰まった所まで来ているんですよね?

そうであれば、まずは治療をする・しないは別として自分にあった治療法を見つける行動が大事!

そのために、当サイトで推奨しているAGA治療専門の病院やクリニックの中から、

3つの病院で無料カウンセリングを受けて比較することからはじめていきましょう。

「当サイト厳選!薄毛治療のAGA治療の専門病院・クリニック」に戻る